山口県、最古の温泉。長門湯本温泉、恩湯(おんとう)

恩湯・恩湯食2020年3月開業のお知らせ

「恩湯開業のお知らせ」

長門湯守株式会社(代表 伊藤就一、大谷和弘)では、”神授の湯”と呼ばれ600 年以上にわたり愛され続けてきた街の立ち寄り湯「恩湯」の建て替えを進め、2020 年3 月に新たな温泉街のシンボルとしてリニューアルオープン致します。

「岩盤から湧出するお湯を眺めながら入れる、深さ1 メートルの浴槽」を持つ温泉施設をはじめ、温まった体を優しく整えるヘルシーな食を提供する飲食棟「恩湯食(おんとうしょく)」や、二つの建物をつなぐ「恩湯広場」や音信川(おとずれがわ)に浮かぶ「おとずれ川テラス」を活用した様々なイベント開催など、温泉街に新しい魅力を提供していきます。

新しい恩湯(右)と飲食棟(左)は大きな窓とテラスを備えた開放的な建築で、眼前に広がる雁木広場や音信川とひとつながりの空間を形成

恩湯の歴史とこれまでの道のり

長門湯本温泉は、約600 年前、西の名刹 大寧寺の定庵禅師が住吉大明神からのおつげによって発見した”神授の湯”と伝えられる、山口県で最も古い歴史を持つ名湯です。中でも立ち寄り湯である恩湯は、浴室内に住吉大明神の石像を拝し、尊敬と感謝の心を持って人々に受け継がれてきました。そんな「恩湯」も施設の老朽化や利用客の減少により、2017 年5 月に公設公営での営業を終了し、今後は民間事業者の手に委ねられることとなりました。そこで私たちは、600 年に渡り受け継がれてきた地域の文化資本である「恩湯」を、地域の手で守り次世代に受け継ぐために、2018 年「長門湯守株式会社」を結成し、恩湯の建て替えとその運営を担う決意を致しました。

時代とともに建て替わってきた恩湯。左より大正~昭和~平成

2017 年5 月には市営公衆浴場としての恩湯は営業を終了し、6 月に解体された

長門湯守を設立したのは、まちづくりの中心的役割を担う地元の旅館後継者、伊藤就一(玉仙閣 専務)、大谷和弘(大谷山荘 副社長)。湯侍の系譜に生まれた女性事業家、青村雅子(焼き鳥ちくぜんオーナー)、市内でデザイン会社を営む白石慎一(株式会社ファンタス)の合計4 人。長門湯本固有の生活文化を築いていくことが、人々を惹きつける魅力になると信じて、恩湯の再建だけでなく、併設する飲食施設「恩湯食」や広場・河川の活用など、三つの事業を総合的に進めています。
左より大谷和弘、青村雅子、伊藤就一、白石慎一が株式会社長門湯守を設立
2018 年に開発・運営事業者の選定を経て長門市と基本協定を締結
地域で愛される温泉であるために、長門湯守では設計の段階から住民の方々への説明会を開催しています。(2019 年10 月までに合計4 回)従来の市営から民間による大きな変化もあり、デザインや料金などに戸惑いの声も聞かれつつも、皆様からは暖かいご支援をいただいています。2019 年10 月からの「恩湯再建のためのご寄付のお願い」には、地元を中心にのべ約150 名もの方々にご協力をいただきました。(寄付の受付は現在も継続中)
地元の方も関心の高い恩湯再建。説明会には毎回多くの方が参加
地元で育った旅館後継者は、地域の方とも顔なじみで話が弾む

恩湯 ~ 岩盤からの湧き出る温泉を眺めながら、深い湯船に包まれる~

長門湯守が進める三つの事業のうち、中核となる立ち寄り湯「恩湯」。日本伝統の様式美を感じさせる平屋造りと、木材をふんだんに使った素朴な佇まいは、仏生山温泉の建築で知られる岡昇平氏によるデザイン。頭上の丘に鎮座する住吉神社と恩湯、音信川をひとつながりとするパブリック空間は、観光客と生活者がともに楽しむ、長門湯本の新しい景色です。
特徴① 岩盤から湧き出る温泉を見れる浴槽
恩湯は泉源のある岩盤の真上に設立され、入浴時には古代より滔々と湧き続ける様を見ることができる、日本でも珍しい温泉です。岩盤上に鎮座する住吉大明神像と合わせ、神秘的な雰囲気を醸し出します。
特徴② 深さ1 メートルの伝統的な深風呂
現代の一般的な公衆浴場の浴槽の深さは50~60cm 程度と言われていますが、恩湯は深さ1 メートル。深風呂は全身にしっかりと水圧がかかる事で血行を促進し、むくみや冷え性の解消になる言われています。
特徴③ 音信川を眺める開放的な休憩室
併設された休憩スペースは、三方がガラス張りの開放的な空間。眼前には温泉街のもう一つのシンボル音信川をゆっくりと眺めながら、冷えたビールやソフトクリームをお楽しみください。
岩盤の上には長門湯本温泉の守り神 住吉大明神の像が鎮座
古代より滔々と湧き続ける恩湯の泉源を直接見ることができる

【 恩湯 施設概要 】
開発・運営:長門湯守株式会社 共同代表 伊藤就一・大谷和弘
設計:設計事務所岡昇平+田村設計室(仏生山温泉)

住所:長門市深川湯本2265
延べ面積:324.93 ㎡(岩盤上家棟含む)
同時利用人数:浴槽8名、洗い場8名(男女共)
開業:2020 年3 月
営業時間:10:00 ~ 22:00
定休日:毎月第三火曜日(祝日の場合は変更あり)
入浴料金:大人 平日700 円、休日・休前日800 円, 特日900 円
子供400 円( 4 ~ 1 2 才)
※ 特日は年末年始、お盆、ゴールデンウィークなどの繁忙期
※ 3 歳以下のこどもは無料

恩湯食 ~ 湯上りにやさしい食事~

恩湯の向かい側には飲食棟・恩湯食を併設される恩湯食(おんとうしょく)では、長門名産の鶏と豆腐を軸に、地元食材を使った料理を提供します。また、長門鶏卵を使ったお菓子や山口産ハーブティー、地酒、ナチュールワインなどもあり、温泉街をそぞろ歩きする際に持ち歩きできるメニューも充実していく予定です。

音信川に面した建物では川を見ながら食事が楽しめる

[ 長門市と鶏 ]
全国的にも珍しい養鶏の協同組合が存在するほど養鶏業が盛んな長門 市では、新鮮な鶏肉や鶏卵が入手可能。恩湯食のオーナーである青村 氏は、焼き鳥の名店ちくぜんを長年経営する鶏肉のプロフェッショナ ルでもあります。
長門鶏飯
季節の果物の白和え
鶏うどん

【 恩湯食 施設概要 】
住所:長門市深川湯本2270-5
延べ面積:60.68 ㎡
客席:室内 テーブル20 席、カウンター6席、合計26 席
屋外 カウンター12 席、合計12 席
総計38 席
開業:2020 年3 月
営業時間:11:00 ~ 21:00
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は変更あり)

恩湯広場, おとずれ川テラス ~ 川と繋がる空間を楽しむ~

恩湯や恩湯食をつなぐ広場や背景に広がる芝生は、温泉街を訪れる人々が自由にくつろげる場所となる他、朝市や週末のマルシェイベントやワークショップなどに地元の方々にも気軽に参加していただける様々なイベントを予定しています。また、山口県内でも初めてとなる河川空間を活用した「おとずれ川テラス」の設置では、恩湯食のテイクアウトメニューを楽しんだり、川辺のお茶会やケータリングによるディナーパーティなどを企画いたします。
音信川との一体感を感じられる外部では様々なアクティビティを予定
ケータリングを活用した川テラスでのディナーパーティ

【 お問い合わせ先 】
長門湯守 株式会社
ホームページ www.onto.jp
TEL 0837-27-0281
Email info@onto.jp