山口県 最古の温泉。長門湯本温泉 恩湯(おんとう)

ディスカバー・ジャパンにて「恩湯の物語」を解説していただいています

ディスカバー・ジャパンHPより引用

日本の魅力を丁寧に再発見する雑誌ディスカバー・ジャパンのウェブサイトにて、「仏教と神道が交差する希有な温泉」として恩湯の物語が詳しく解説されています。

記事の中では、イラスト付きで「神授の湯」伝説を紹介するだけでなく、曹洞宗大寧寺(長門市)の岩田啓靖 住職と長門国一宮住吉神社(下関市)の鳴瀬道生 宮司のお二人も登場し、恩湯にまつわる物語誕生について、非常に興味深い歴史的な考察が繰り広げられています。

今もなお泉源は大寧寺が所有し、浴室の岩盤には住吉大明神像が鎮座する恩湯。その深いお湯に浸かりながら、長大な歴史物語に想いを馳せてみて下さい。

立ち寄り湯 恩湯

※恩湯や長門湯本温泉を広く紹介していただいた関連記事はこちら