山口県 最古の温泉。長門湯本温泉 恩湯(おんとう)

長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクトが 2020年度グッドデザイン賞を受賞

立ち寄り湯 恩湯も含めた大きなまちづくりの取り組みが、グッドデザイン賞にて評価をいただきました。大変嬉しく思うと共に、これまで支えてくださった皆様に心より感謝いたします。

立ち寄り湯 恩湯

〜長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクトが2020年度グッドデザイン賞を受賞〜

(2020年10月1日長門湯本温泉まち株式会社プレスリリースより抜粋)

「グッドデザイン賞」は、総合的なデザイン評価・推奨に関する日本で唯一の仕組みです(運営:公益財団法人日本デザイン振興会)。  2020年度グッドデザイン賞「街区・地域開発」のカテゴリーにおいて、長門湯本温泉まち株式会社が中心的な役割を果たしてきた「長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト」の受賞が決定いたしました。  2016年以降、長門湯本温泉が、長門市及び山口県、湯本まちづくり協議会はじめ地域の方々、旅館関係者をはじめとする地元事業者と一体となり、取り組んできた地域の持続可能性を高めるための空間構築や観光地経営のデザインが、社会を導く「よいデザイン」として高く評価されたものです。  ここに至る過程で、地域、事業者、行政、専門家など、多様な方々の参画を得て来たことそのものが評価いただけたものと考えており、この場をお借りして、改めて、関係の皆様に感謝を申し上げます。

【グッドデザイン賞受賞】長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト

受賞者:長門湯本温泉観光まちづくり推進会議、長門湯本温泉観光まちづくりデザイン会議

事業主体:長門市、星野リゾート、長門湯守株式会社、長門湯本温泉まち株式会社

プロジェクト概要:
衰退した温泉地の価値を高め次世代につなげるため、消費観光を脱し共感を生むエリアへ。それには投資主体・市・地域が同じビジョンを持ち、働き手暮らし手が誇りに感じ暮らしを楽しみ、地域自らが事業主体となり経済循環を起こし、来訪者と特別な空間と体験を共有する。それを実現する体制構築、空間、事業化、プロセス、観光地経営のデザイン。

(デザインのポイント)
①投資主体にビジョン提案を求め位置づけ、外部専門家と地元若手有志・町内黄疸が融合するチームビルディング
②県市に亘るエリア全体の抜本的土木デザイン、全域照明制御等、今日的環境デザインを民間外湯再建と共に実現
③3年間の社会実験を経て河川空間活用や交通計画の地元合意・仕組み構築、地元主体による継続運営が可能に

デザイナー等
プロデューサー:大西倉雄(前長門市長)、星野リゾート代表 星野佳路、長門湯本温泉まち株式会社 伊藤就一・大谷和弘

ディレクター:長門市長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト・チーム、木村隼斗(前長門市経済観光部長)、有限会社ハートビートプラン 泉英明・有賀敬直

デザイナー:アルセッド建築研究所益尾孝祐、カネミツヒロシセッケイシツ金光弘志、LEM空間工房長町志穂、日本海コンサルタント片岸将広、東京都立大学川原晋、金剛住機木村大吾、設計事務所岡昇平、YM-ZOP、ファンタス白石慎一

グッドデザイン賞 受賞詳細ページ