春を迎え、川床開きと安全祈願祭が執り行われました。

2019年3月29日、うららかな春の日差しを受けながら、旧恩湯前の川床にて川床開きと安全祈願祭が執り行われました。

これは春からの本格的な河川活用を前に、シーズン中の盛況と無事故を祈願して、長門湯本オソト活用協議会が主催したものです。祈願祭には、同協議会を始め、長門湯守や関係者など約20名が参加し、大寧寺の岩田住職とともに安全を祈願しました。

祈願祭の最中に頭上を見上げると、太陽が大きな日輪を描き、長門湯本温泉と川床活用のますますの発展を見守ってくれているようでした。

暖かな日差しを浴びて、つぼみだった川沿いの桜も徐々に満開に近づいています。

長門湯本温泉では、旧恩湯前を始め、大谷山荘、玉仙閣にも川床が設置されています。それぞれに、春のシーズンに合わせての魅力的なサービスもご用意していますので、ぜひご活用をお待ちしております。

【春の川床宴会 開催のお知らせ】

集合場所:「春の川床宴会」
開催日時:2019年3月31日19時〜21時
場所:旧恩湯前川床
料金:一人2000円オードブル付き(税込)
定員:20名
※アルコール、お飲み物は持ち込みとなります。

※事前の申し込みは必要ありません。現地に直接お越しください。
主催:長門湯守 株式会社 お問い合わせ:0837-27-0281