山口県 最古の温泉。長門湯本温泉 恩湯(おんとう)

〜近くで湧いてます〜 山口新聞に長門湯本温泉の広告が掲載されました

5月23日付の山口新聞朝刊に、長門湯本温泉の全面広告が掲載されました。

〜近くで湧いてます〜

開湯600年後のリニューアルを迎えた長門湯本温泉。地域のシンボル 立ち寄り湯 恩湯(おんとう)の再建、星野リゾート界 長門のオープンに加え、中国地方初となる川テラスや飛び石、幻想的なライトアップ、レストランやカフェなども続々開業。ここには、今、見つめなおしたい「やまぐち時間」との出会いが詰まっています。

こちらは、実際の掲載の様子。

タイル状のレイアウトには、恩湯をはじめとして、川床や足湯、夜間照明、人気のテイクアウトメニューなど、長門湯本温泉の魅力的な写真がたくさん。お近くにお越しの際は、ぜひ長門湯本温泉に足をのばしてみてください。

立ち寄り湯 恩湯