山口県、最古の温泉。長門湯本温泉、恩湯(おんとう)

礼湯が営業終了を迎え、地域の方と大掃除を行いました。

3月31日(日)地元に長年親しまれてきた礼湯がいよいよ最終日を迎えました。「礼湯」は、2019年秋に再建予定の「恩湯」から少し坂を上がったところにあり、休憩所が完備されたバリアフリーの共同浴場として、広く地域の人々に愛されてきました。
昔から今日まで大切に使われてきた公衆浴場である「礼湯」に愛着を持つ人も多く、営業最終日は別れを惜しむように、地元の方々が入浴に訪れていました。
時計の針が午後11時をまわり、礼湯の営業は終了となりました。長門湯守のメンバーは、集まった地元有志の皆さんとともに、最後の恩返しと、大掃除を行いました。
日曜日の深夜にも関わらず、総勢15名以上が集まった最後の大掃除。幼い頃からこの共同浴場に慣れ親しんできた地元民の一人である、長門湯守株式会社の伊藤就一共同代表も、熱心に浴場の細かい汚れを落としていきます。
長門湯本温泉の「湯侍」の子孫である青村氏や、白石氏など、長門湯守のメンバーもともに清掃に励みます。
深夜0時まで続いた最後の大掃除。多くの人を温めてきたこの礼湯を労うかのように、一つ一つ丁寧に、熱心に掃除をするみなさんの姿が印象的でした。
こうして、長年に渡る長門湯本の市営公衆浴場の歴史は一旦幕を閉じました。地元の皆さまに長年愛されてきた公衆浴場「礼湯」のバトンを受け、今後は弊社が進める「恩湯」の再建に、より一層力を入れていきます。長門湯本温泉街のより良く変化していく姿に、ぜひご期待ください。