山口県、最古の温泉。長門湯本温泉、恩湯(おんとう)

弊社 大谷共同代表のコラムが山口新聞にて掲載されております。

現在、山口新聞に弊社共同代表 大谷和弘 のコラムが掲載されております。 全9回を予定しているこのコラム。 これまでに4回の連載を重ね、恩湯と大寧寺の深い関わり、温泉文化を支えてきた地域の人々の柔軟性、そして自らの心に根付いた温泉街などがじっくりと語られております。
コラムの全文はこちらからもご覧いただけますので、ぜひご拝読いただければ幸いです。